平成23年度 白河医師会定時総会

平成23年5月30日(月)
於:ホテルサンルート白河

5月30日(月)午後6時45分よりホテルサンルート白河にて行われた。 全会員137名中、33名の出席と46名の委任出席により計79名にて総会成立となった。

総会会場

安部事務局長の進行により開会した。

安部事務局長

まず、小﨑敏正会員が議長に、野村邦朗会員が副議長に、各々選任された。

小﨑議長

議事録署名人には、昨年度と同じく、円谷福男、水野茂先生が指名された。小崎議長が、冒頭に震災で亡くなられた被害者や被害のあった会員に対するお見舞いの言葉を述べ、総会が始まった。会長挨拶では、関会長から311大震災以後の白河医師会を取り巻く環境の変化について説明され、続いて、県医師会代議員会や県医師会理事会の状況報告をいただいた。

関会長挨拶

新入会員として、9名の新会員の名前が紹介された。続いて、双葉厚生病院から白河厚生総合病院へ転任してきた草野良郎先生、林 晃先生、細谷栄作先生から自己紹介の挨拶をいただいた。

新会員 細谷栄作先生 林 晃先生 草野良郎先生

平成22年度白河医師会業務報告については、穂積副会長が パワーポイントを使って、解り易く説明してくれた。

活動報告 穂積副会長

次に大高貞夫前会長から、福島県医師会代議員会報告があり、今年度から、関元行会長が、県代議員会議長に選任されたという嬉しいニュースも紹介された。

代議員会報告 大高貞夫前会長

 

その後、安部事務局長の説明により、昨年度決算の承認審議に入り、有賀清監査から決算報告につき疑義がなかったことの報告を受け、議案第1号が承認された。続いて今年度の医師会と准看護学院の事業計画と予算設定などの議案2号も承認された。最後に、岡崎修会員から、新しい小児予防接種についての説明があった。小林信之副会長の閉会の挨拶にて、定時総会を無事終了した。

小林信之副会長

引き続き隣の会場に移動し、野村邦朗副議長の乾杯のもと懇親会となり、震災後のお互いの無事を確認したり、苦労話が出たりして、和んだ雰囲気で親睦を深めあった。

野村邦朗副議長の乾杯

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2019 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.