白河医師会による「スポーツ少年メディカルチェック」

白河医師会による「スポーツ少年メディカルチェック」が行われました。

― 野球肩・肘検診 

日時  平成27年10月24日(土)9:10~14:30(準備含め実質8:30~15:30)
場所  白河市しらさかの森スポーツ公園グリーンタジアム      
     ※当日「第10回記念白河信用金庫理事長旗争奪学童軟式野球大会」開催

主催 
福島県野球連盟県南支部
(会長:桜井和知  学童部理事長:近藤勝徳) 
白河市医師会
(会長:穂積彰一  副会長/スポーツ医学委員会委員長:金子大成)

対象 
県南地区少年野球チーム全8チーム、計約200名(158名+相談のみ)

特別協力 
医療法人社団博英会 かねこクリニック
担当理学療法士:太田進也、佐久間純、中田匡一

【野球肩・肘検診内容】

  • 事前アンケート (年齢、身長、体重、野球歴〔野球開始時期〕、ポジション、その他スポーツ歴、週 の練習時間、肩・肘痛の有無と部位、痛みの出現タイミングと対応 など)
  • 問診、視診
  • 身体評価(肘・肩の可動域、痛みの評価〔圧痛の有無と部位〕、全身のタイトネスなど)
  • 超音波画像検査(エコー)による異常、左右差の有無
  • 選手および指導者へのアドバイス セルフチェックおよびセルフストレッチ用紙の配付

【結果および報告】

計158

痛みなし     89   56.3%
肩痛の訴え  28   17.7%
肘痛の訴え  41   25.9%
両方の訴え    8     5.0%

  • 肩、肘どちらかに痛みを抱えている選手は、全体の43.6%と高値を示した。
  • 痛みの訴えがありながらも特別な対応なく、競技継続している選手が多くみられた。
  • 選手以上に、監督・コーチ達が熱心に質問してくるなど、不安を抱えながら指導して いることが判明した。

今回のメディカルサポート事業を通じ、選手・指導者・保護者の皆様に、正しい知識と指導方法の大切さ、怪我の意識とメディカルサポートの必要性を理解して頂きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

Copyright(c) 1999-2019 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.