第18回白河医師会健康スポーツ医学研修会

 開催日時: 平成25年10月22日(火曜日)19:00~
開催場所: ホテルサンルート白河 孔雀の間

座長   よこむら整形外科クリニック 院長  横村伸夫 先生

演題名 「スポーツと腰痛」

講師  福島県立医科大学医学部整形外科学 教授
    附属病院リハビリテーションセンター 部長  矢吹 省司 先生

講演内容

スポーツにおける腰痛の疫学、病態、治療について判りやすく講演された。 スポーツ別では、バレーボール、サッカー、野球などの種目に多く、体幹の広い可動性を必要とする運動、ジャンプやスロー動作を伴い、体幹に大きな衝撃が加わるスポーツに腰痛発生の傾向が高いという。 病態としては、椎間板、靭帯、筋組織などの腰椎組織の損傷の他に、ストレスや社会心理学的要因などで、難治性腰痛になっているケースも多い。 治療は、運動療法が推奨されるが、運動量が多いほど、大きな効果が得られるとは限らない。運動のプラセーボ効果も期待できる。 プロスポーツ選手の事例を紹介しながらのプレゼンは、非常に面白く、聴衆を飽きさせないとても楽しい講演会であった。 参加者は一般58名、医師は16名であった。


131022-201041_R

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2019 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.