平成29年度「医療・介護 多職種連携の集い」

日時:平成30年1月20日(土曜日)午後2時から
会場:JA夢みなみ しらかわセレモニープラザ
主催:白河医師会・東白川医師会
   福島県県南地域介護支援専門員協会
共催:白河歯科医師会・白河薬剤師会

平成13年度から毎年継続して開催されてきた「医師と介護支援専門員の集い」が、今年度より、より一層の多職種協働による地域包括ケアシステム構築の推進を目指して、「医療・介護 多職種連携の集い」と名称変更を行い、数えて第17回目の開催となりました。
参加者は170名と過去最高との出席をいただきました。

 星吉典県南地域介護支援専門員協会長

はじめに、金子大成医師会長、そして星吉典県南地域介護支援専門員協会長から開会の挨拶をいただきました。

第1部講演として、千葉喜弘 福島県介護支援専門員協会長より、『介護保険制度改正について』と題し、来年度に医療保険・介護保険同時改正がなされる、「平成30年度介護保険制度改正の動向」についてお話をいただきました。

第2部講演として、白河厚生総合病院 総合診療科部長 東光久先生から「アドバンス・ケア・プラニングについて」の、お話をいただきました。

第2部講演 第2部講演

 

講演会終了後、「多職種協働のための交流会」が開催され、有意義な親睦が深められました。 親睦会開催の挨拶を安藤正廣白河歯科医師会長、仁井田義弘県南介護支援専門員協会副会長より、乾杯の発声は、白河薬剤師会 三科龍平副会長よりいただきました。

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2018 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.