第23回白河医師会健康スポーツ医学研修会

日時 平成29年11月22日(水)19:00~
場所 東京第一ホテル新白河 2F「孔雀の間」

講演は「アンチ・ドーピングに関する最新の動向 -スポーツ外来での薬の適正処方を含めて-」というテーマで福島県体育協会スポーツ医科学委員会委員長であり、公立藤田総合病院院長の堀川哲男先生からお話を頂いた。内容は多岐にわたり、前半は日本体育協会、JOCの歴史的な変遷、東京オリンピックに向けてJOCからエリートアカデミーなどを中心とするスポーツ強化策の紹介などを説明し、後半は福島県スポーツ選手の現状、我々が日常外来で知らなければならないドーピングの基礎知識などを解説していただいた。風邪薬などOTCは一般の方も医師の処方なしで手に入れられるため指導者も啓蒙が必要であると力説しておられた。参加者は医師ばかりではなく、薬剤師や体育協会関係者、スポーツ指導者などの多くが興味を持って聴いておられた。

 

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2018 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.