第11回「医師と介護支援専門員のつどい」

平成24年2月25日(土)
於:ハウスオブベルヴィ白河

恒例となりました「医師と介護支援専門員の集い」は昨夜からの積雪の中、白河医師会7名、白河歯科医師会2名、県南保健福祉事務所から2名、市役所高齢福祉課1名、介護支援専門員連絡協議会から100名、計112名の出席を得て開催されました。第1部では「認知症ケアセミナー <認知症ケアにおける服薬サポート>」ということでニコニコ居宅介護支援事業所の池澤由美江さんと南湖こころのクリニックの鈴木まゆみさんから事例紹介がありニューロクリニックの佐藤 健先生がまとめられました。次に南湖こころのクリニックの渡部芳徳先生が「認知症ケアでケアマネージャーに期待すること」というテーマで講演されました。第2部では「介護報酬改正の動向について」という内容で福島県介護支援専門員協会の千葉喜弘会長が要点をまとめて発表されました。かなり厳しい内容で場内にため息が流れていました。第3部はなごやかな交流会となり、お互いに親睦を深め合いました。

 

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2019 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.