平成28年度白河医師会忘年会

日時:12月16日(金)午後6時45分
於 鹿島ガーデンヴィラ

今年最後の医師会行事であります忘年会が、関係各機関からの参加者も含め48名で開催されました。小城事務局長の進行で、定刻よりやや遅れて始まり、まず千葉忠吉幹事から幹事挨拶が行われました。

bounennkai

続いて医師会を代表して金子医師会長が挨拶しました。今年度地域医療体制を維持できたことに、各関係機関や医師会員への慰労と感謝の言葉を述べた。今後の課題として、福島県民の健康回復への我々の役割についても強調された。社会貢献心のある若手医師の育成の必要性もこれからの課題に挙げていた。

kanji kaicyou
 千葉忠吉幹事  金子会長

 圓谷白河市副市長や、伊藤白河警察署副所長、安藤白河歯科医師会長、藤田白河薬剤師会長そして岡部白河地方広域消防本部長などの関係機関の来賓者から、地域医療に対してそれぞれの専門職の立場からの貴重な情報提供を交えての挨拶をいただきました。

tumuraya ittou
圓谷白河市副市長  伊藤白河警察副署長
andou
 安藤白河歯科医師会長  藤田白河薬剤師会長
okabe hozumi
 岡部白河広域圏消防本部消防長  乾杯 穂積前医師会長

乾杯の音頭は前医師会長の穂積先生から声高らかに乾杯の音頭をとっていただき、皆で賑々しく祝杯をあげました。
余興は、本医師会では初めての元タカラジェンヌ歌手であります“真灯かなた(まとうかなた)”さんのミニコンサートが行われました。会場は本格的なディナーショー状態と化し、すらりとした長身と美貌にプロの歌唱力がすばらしく、聴衆はうっとりとした気分に浸っておりました。

dscn1591
余興 真灯かなた(まとうかなた)さん

締めの定番のビンゴゲームでも、参加者総出で争奪戦となり、会場は再び盛り上がり参加者全員に景品が行き渡ることになりました。
震災5年9ケ月を過ぎて、県民の健康悪化が危惧される中、相変わらず厳しい医療提供体制が続いており、会員にとっても苦労の多かった一年であったのですが、皆でテーブルを立っての懇談も会場内で、いつもより多く見受けられ、一年の締めくくりに相応しい感慨深い忘年会でした。
最後は、白岩学幹事の中締めの挨拶でお開きとなりました。

shiraiwa
白岩学幹事

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2016 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.