平成23年度白河医師会忘年会開催

平成23年12月20日(火)
於:ホテルサンルート白河

安部事務局長の司会進行で五十嵐幹事が開会宣言した後、幹事を代表して岡崎 修先生から大震災後の放射能の子どもへの影響などについて挨拶をされました。


開会宣言 五十嵐幹事

幹事 岡崎 修先生

次に関元行会長からも県内医療機関における放射能の影響や対応状況を報告いただき、朝はカラスも街中に戻ってきて少しはほっとしているという挨拶がありました。


関元行会長

その後、11月に中島村に新規開業された、きくち診療所の菊地洋一先生からご挨拶がありました。


新会員 菊地先生

今年は来賓として白河歯科医師会 斎須幸司会長、福島県薬剤師会白河支部 降矢常雄支部長、白河地方広域市町村圏消防本部 大倉隆様、白河警察署長 柴崎裕様の4名の方に参加していただき、ご挨拶を頂戴しました。


白河歯科医師会
斎須幸司会長

福島県薬剤師会白河支部
降矢常雄支部長

白河地方広域市町村圏消防本部
大倉隆様

白河警察署長
柴崎裕様

近藤元会長から力強い乾杯の発声をいただきました。
宴会の余興では、歌の題名をあてるイントロゲームとビンゴゲームで盛り上がり、最後はカラオケで締めました。365歩のマーチを熱唱した渡部恭行先生の歌などで盛り上がりました。


乾杯 近藤元会長

今年は震災による影響とまだ終結しない原発という暗い話題が多い中、45名の参加者がありました。

カテゴリー: 白河医師会活動報告 タグ:

Copyright(c) 1999-2019 Shirakawa Medical Association All Rights Reserved.